対談 - Inside promenade
 
 

 

本に書いてあるような話、世間で話されているような話
には、もううんざりした二人がここにしかない話を二人だけ
で話すことがもったいない気持ちになったことから、この
ような対談形式で紹介してみます。
inside promenade=内的散策

 
 
 
 
山家 仁
34歳
新潟県生まれ
ARTをしている
熊田 昌彦
34歳
埼玉県生まれ
小説を書いている
 
 
この対談の模様を映像で見るならココ(17.9MB)
ちと重たい・・・じっくり待って
 
     
 

第四回 どこにリアルはあるの?(1)
 
熊田
かえってオレはねえ、リアルだとおもいますよ、
生きてて1年に何回しか会わないとか、
死ぬまで会わないとか、向こうと、
こっちは接点ないわけでしょ、死んだことによって、
こう両方が歩み寄っていくみたいな、
山家 その人いないけど、対話しているような感じ
熊田 むしろ、それは生きていることじゃないのと思うんだよね
山家 こないだ言ってましたよね
熊田 思ったんですよ
山家 これね、生きてる死んでる
、どうもこれ、かなりいい加減ですよ
熊田 うん、関係ねんじゃねえかな
山家 関係ないですよね
熊田 たしかに実態はないんだけど、
実態なくても、実態あるって感じたほうが、
リアルに感じたりするじゃないですか
山家 うん
熊田 例えばね、なんだ・・・・、、
これ、やっていて、これやれば、
すごいうまくいくんじゃないかって突然、
これは絶対うまくいくとか、
山家 ありますよ
熊田 すごい絶対感じゃないですか、
ものすごい、こう力強さっていうか、
輪郭のある明確な理由はないんだけど、
実感としてすごい感じるという
山家 おれも、去年の11月に、
美術、アートできるなと確信した
熊田 それは、どこで、どういうパっときたの?
山家 ううんと、やっぱりね、
細かく考えると積み重ねなとこあります
熊田 まあ、流れがあって、
山家 それで、エポックっていうかきっかけは、
よく書いてるけど、絵の教室いって、
生徒の絵とおれの絵を比べたときに、
自分が自分の絵を見たときに、
「ああ、明らかに積み重ねてきたものが違うな、
体質が違うな、やるべきだな、しかもやれるな」って、
バっともう、
熊田 それがリアルな感じで
山家 リアルな感じで、一つの線の描き方が、
おれの決断の出し方が、
線に他の絵とは全然違うなと
熊田 なるほど、なるほど、
いや、おれねえ、それあると思いますよ。
 
山家 それで、あんまり他の人にシナリオ辞めて、
こういうことをやっていくってことも軽く話したんだけど、
おれは絶対できるって感じで、
確信もっていたけどねえ・・・
熊田 それはねえ、周りはわかんないですよ、
ただね、そういう感じをどっかで感じたことがある人、
経験があれば、あ、それ、わかるって、
山家さんの気持自体はわかんないけど、
そういう感覚を持ったということはわかるから、
それはすごい肯定しますよ
山家 今も、その感覚があるとしたら
死ぬまでやっていくなってのはわかる
熊田 不思議ですよね、なんでですかね、
そう思いますよね、確かに、
山家

そうそうそう

熊田 おれもねえ、小説全然書いてないんだけど、
おれ、これ、ずっとやってんだろうなってあるんですよ、
うん、すごい
山家 それ大事ですよ
  (つづく)
 
 
次回へ
 
 
いままでの対談
 
  第一回 人が死ぬってどんなこと?  
  第二回 ポーカーは勝たなくたっていい  
  第三回 能力開発セミナーにもしいったら HOME